社交不安障害

社交不安障害

「社交不安障害」という病気があります。

大勢の人の前で話をするときに緊張してドキドキすることは誰にでもありますが、「社交不安障害」はそのような場面で強い不安や恐怖を感じ、動機・発汗・ふるえといった症状が出現し、とても苦しい気持ちになります。このような状況を避けようとするために社会生活に支障を来してしまします。

具体的には、例えば次のような症状があります。
▶人前で字を書くときに、いつも手が震える。
▶人前で話したり、自分が注目される場面で極度に緊張し、強い不安を感じる。
▶初対面の人と話すとき、緊張して声が震える。
▶多くの人と一緒に食事をするとき、緊張して発言できない。
▶誰かが見ている前で電話をするのがとても恥ずかしい。
▶教室や会議など、たくさん人がいる所にいたくない。

これは、恥ずかしがり屋といった性格の問題だけではありません。

社交不安障害は、脳内のセロトニンという神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことが原因で過剰に不安を感じてしまうのではないかとと考えられています。

治療にはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や抗不安薬を用いて、極度の不安・緊張を軽減するようにしていきます。



20 : 11 : 59 | 心療内科・精神科 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

Echizenya

Author:Echizenya
えちぜんや睡眠メンタルクリニック 院長のブログです。
えちぜんや睡眠メンタルクリニックは 平成26年4月1日、秋田拠点センターアルヴェ4階に開院しました。

ブログでは、睡眠のこと、メンタルヘルスのこと、クリニックのこと、日々の生活の様々なことをUPしていきます。

訪問者様カウンター

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

カテゴリ

クリニック (138)
睡眠 (54)
心療内科・精神科 (14)
アルヴェ (39)
美味しいもの (97)
風景 (114)
スポーツ (55)
動物 (41)
未分類 (36)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する