健康づくりのための睡眠指針2014 第7条

健康づくりのための睡眠指針2014 〜厚生労働省健康局〜

第 7 条.
 若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
 子どもには規則正しい生活を
 休日に遅くまで寝床で過ごすと夜型化を促進
 朝目が覚めたら日光を取り入れる
 夜更かしは睡眠を悪くする


朝

 思春期になると、子どもたちは夜更かしをするようになります。思春期から青年期にか けては睡眠の時間帯が遅れやすい時期ですが、さらに通学時間が長いことなどにより、こ うした傾向が助長されます。

 若年世代では、平日と比べて、休日は起床時刻が 2〜3 時間程度遅くなることが世界的に 示されています。これは平日の睡眠不足を解消する意味がありますが、一方で体内時計の リズムを乱すことから、休日後、登校日の朝の覚醒・起床を困難にさせることになります。 起床時刻を 3 時間遅らせた生活を 2 日続けると、高校生では体内時計が 45 分程度遅れるこ とがわかっています。こうした休日の睡眠スケジュールの遅れは、夏休みなどの長期休暇 後に大きくなります。

 1 日の覚醒と睡眠のタイミングを司っている体内時計は、起床直後の太陽の光を手がかり にリセットし、1 日の時を刻んでいます。光による朝のリセットが毎朝起床直後に行われな いと、その夜に寝つくことのできる時刻が少しずつ遅れます。起床時刻が遅くなることで 夜型化してしまう原因は、朝、暗いままの寝室で長い時間を過ごすことで、起床直後の太 陽光による体内時計のリセットがうまく行えないことにあります。このリセットが行えな いために、夜の睡眠の準備が遅れ、さらに朝寝坊の傾向を助長してしまうのです。

 また、若年世代では、夜更かしが頻繁に行われることで、体内時計がずれ、睡眠時間帯 の不規則化や夜型化を招く可能性があります。寝床に入ってから携帯電話、メールやゲー ムなどに熱中すると、目が覚めてしまい、さらに、就床後に、長時間、光の刺激が入るこ とで覚醒を助長することになるとともに、そもそも、夜更かしの原因になるので、注意が 必要です。

16 : 22 : 57 | 睡眠 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

Echizenya

Author:Echizenya
えちぜんや睡眠メンタルクリニック 院長のブログです。
えちぜんや睡眠メンタルクリニックは 平成26年4月1日、秋田拠点センターアルヴェ4階に開院しました。

ブログでは、睡眠のこと、メンタルヘルスのこと、クリニックのこと、日々の生活の様々なことをUPしていきます。

訪問者様カウンター

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

クリニック (140)
睡眠 (55)
心療内科・精神科 (14)
アルヴェ (39)
美味しいもの (97)
風景 (114)
スポーツ (55)
動物 (41)
未分類 (36)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する