健康づくりのための睡眠指針2014 第6条

健康づくりのための睡眠指針2014 〜厚生労働省健康局〜

第 6 条.
 良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
 自分にあったリラックス法が眠りへの心身の準備となる
 自分の睡眠に適した環境づくり




 習慣としている自分の就寝時刻が近づくと、脳は目覚めた状態から徐々にリラックスし た状態に移り、やがて、睡眠に入っていきます。スムーズに眠りへ移行するには、このよ うな、就寝前の脳の変化を妨げないように、自分にあったリラックスの方法を工夫するこ とが大切です。例えば、入浴は、ぬるめと感じる湯温で適度な時間、ゆったりとするとよ いでしょう。

 良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。寝室や寝床の中の温度や湿度は、体温調 節の仕組みを通して、寝つきや睡眠の深さに影響します。環境温が低過ぎると手足の血管 が収縮して、皮膚から熱を逃がさず体温を保とうとします。また、温度や湿度があまり高 いと発汗による体温調節がうまくいかずに、皮膚から熱が逃げていきません。どちらも、 結果的に、身体内部の温度が効率的に下がっていかないために、寝つきが悪くなります。 温度や湿度は、季節に応じて、眠りを邪魔しないと範囲に保つことが基本で、心地よいと 感じられる程度に調整しましょう。また、明るい光には目を覚ます作用があるため、就寝 前の寝室の照明が明るすぎたり、特にこれが白っぽい色味であったりすると、睡眠の質が 低下します。就寝時には、必ずしも真っ暗にする必要はありませんが、自分が不安を感じ ない程度の暗さにすることが大切です。気になる音はできる範囲で遮断する方がよいでし ょう。

18 : 10 : 00 | 睡眠 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<国民文化祭・あきた2014が開幕! | ホーム | 健康づくりのための睡眠指針2014 第5条>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://eclinic.blog.fc2.com/tb.php/261-228f92d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

Echizenya

Author:Echizenya
えちぜんや睡眠メンタルクリニック 院長のブログです。
えちぜんや睡眠メンタルクリニックは 平成26年4月1日、秋田拠点センターアルヴェ4階に開院しました。

ブログでは、睡眠のこと、メンタルヘルスのこと、クリニックのこと、日々の生活の様々なことをUPしていきます。

訪問者様カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

クリニック (138)
睡眠 (54)
心療内科・精神科 (14)
アルヴェ (39)
美味しいもの (97)
風景 (114)
スポーツ (55)
動物 (41)
未分類 (36)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する